ねずみ駆除にまつわる様々な情報を掲載中!

被害について

ねずみの被害

これだけねずみ駆除が大規模、かつ効率的に行われているのは、ねずみ駆除を行わなかった場合の被害を考えてのことです。特に東京では繁華街を中心にねずみ駆除の需要が高く、ねずみ駆除の対象となっているネズミの種類としてはクマネズミが多いようです。何故ねずみ駆除の対象としてクマネズミがクローズアップされているかというと、クマネズミは比較的高いところにも登って行き、住宅や建物の屋根裏や天井裏スペースを巣とすることがその要因のようです。

ねずみの被害

ねずみ駆除が行われるのは、ねずみが何らかの被害をもたらしているからに他なりません。では、ねずみがどんな被害をもたらしているかを考えてみましょう。ねずみは雑食性で、しかも前歯が一生伸び続ける性質がありますので、硬いものでも何でも食べます。食欲を満たすだけでなく、伸びた前歯を削るためにも物をかじるので、様々なものが被害にあいます。コンクリートや分厚い木の板でもかじられて穴が空くことがあるそうです。また、繁殖力が高いため、ねずみ駆除を行わないとどんどん数を増やしていきます。ねずみ駆除を行うのは、こういった理由があるからで、ねずみ駆除を定期的に行わなければならない状況になっている場合、建物全体がネズミの巣となっていると言っても過言では無いかもしれません。

ねずみの被害は大きい

飲食店でネズミが出ると、衛生面などで管理ができていないということで客足が遠のきますし、その他の店舗や工場でも大きな問題になるので、ねずみ駆除はやはり、急務となるでしょう。